吉原祇園祭【富士市】


吉原祇園祭(2016年6月11日)

観光名所
又は、
スポット名
吉原祇園祭(よしわらぎおんさい)
地域 静岡県 東部地方
住所 静岡県富士市吉原商店街等
入場料 無料
トイレ 有り(仮設トイレ)
駐車場 無し(周辺に有料駐車場あり)
※商店街周辺の駐車場は、時間とともに満杯に近付いていきます。
交通アクセス 吉原中央駅(富士急静岡バスターミナル)( 富士急静岡バス
※記載情報が古い場合がございます。予めご了承ください。

一口メモ
・数十年前の活気あふれるあの頃と比べると、最近の吉原商店街は、人通りが少なくなりました。が、この日は多くの人で賑わいを見せる「吉原祇園祭」です。


(参考Webページ)吉原商店街(ようこそ吉原商店街へ)http://yoshiwara-shoutengai.com/

静岡県富士市の位置図
Google map

「吉原祇園祭(よしわらぎおんさい)」は、静岡県富士市にて毎年6月に行われ、地元では親しみを込めて「おてんのさん(天王祭)」と呼んでいるお祭りです。

例年多くの人たちが「吉原祇園祭」へと訪れることで活気ある賑わいを見せ、そして、おてんのさんメイン会場の吉原商店街では、約1kmにわたり、歩道沿いに所狭しと露店が立ち並びます。

活気あるその人混みの中(歩道)を歩く光景は、地元富士市の夏定番風景です。

吉原商店街周辺には、市営駐車場(有料)含めて有料の駐車場がありますが、吉原祇園祭開催と共に徐々に満杯になって行きます。
混雑が予想されるので、交通公共機関を利用するのもひとつの方法です。
ちなみに、吉原本町駅(岳南電車)から徒歩にて近い道のりです。

(参考Webページ)時刻表|岳南電車(http://www.fujikyu.co.jp/gakunan/timetable.html)

そして、祭りの開催場所「静岡県富士市吉原」は、旧東海道五十三次の「吉原宿(よしわらじゅく)」(※1)があった歴史ある町でもあります。
(※1)ごじゅうさんつぎ(53か所の宿場)のうち、江戸(現在の東京都あたり)の日本橋から数えて14番目の宿場町。

その吉原で開催される「吉原祇園祭」は、古い歴史ある祭りとして、地元で愛され続けている存在です。


吉原祇園祭の出店屋台(会場に訪れていた沢山の人たち)の様子(2016年6月11日)


2016年は、6月11日(土)、12日(日)に開催された「吉原祇園際」です。
吉原祇園祭ポスター(2016年6月11日)


地区内6神社の氏子たちの山車(だし)21台の引き回し、宮太鼓の競演、女みこしなどが祭りを盛り上げ、吉原商店街歩道沿いにびっしり並んだ露店の数々が、祭りの雰囲気をさらに盛り上げています。