函南町、桜(かんなみの桜)【函南町】


函南町桜並木トップ画面(2017年2月28日)

観光名所
又は、
スポット名
函南町(かんなみちょう)の桜並木(かんなみの桜)
地域 静岡県 東部地方
住所 静岡県田方郡函南町畑毛付近(柿沢川堤防沿い)
例年時期 2月中旬~3月上旬中旬
入場料 無料
トイレ 不明
駐車場 臨時駐車場(2018年時)
交通アクセス 函南町観光協会|アクセスガイド
(800m以内に)
・切透しバス停留所( 伊豆箱根バス

一口メモ
・函南町役場から県道136号線を東方面に向かって、1.5km程の場所にある「かんなみの桜」。柿沢川堤に2001年、約400本の河津桜を植樹し現在に至っています。
「かんなみ桜の会」その他多くの方々が愛情込めて育て上げた桜並木。一足早い春の訪れ感じる瞬間でした。

かんなみ桜まつり
2019年2月23日(土) 10:00~15:00

(参考Webページ)静岡県/さくら開花情報(早咲き桜)(http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-080/sakura/kaikahayazaki.html)

(参考Webページ)函南町観光協会(http://www.kannami.net/)

静岡県函南町の位置図
Google map

函南町(かんなみちょう)柿沢川沿いに立ち並ぶ桜並木。例年2月頃になると、いよいよ開花をむかえる季節に入ります。

一足早い春の訪れを感じる「かんなみの桜」。桜並木がピンクに色付いて行く頃になると、桜見物をする人も徐々に増えていきます。

場所は、函南町役場から県道136号線を東に向かって約1.5kmのところです。

桜の花々が見頃を迎えていたこの日は、たくさんの人たちが、桜見物に訪れていました。


まずは臨時駐車場の風景からお伝えします。
たくさんの人たちが訪れていた割には、臨時駐車場はガラガラ。

県道136号線にて、函南町役場を東に向かって1.5kmほど進むと、左側にかんなみの桜臨時駐車場への誘導看板がありました。

そして、臨時駐車場から桜並木へは徒歩にて近い道のりです。
かんなみ桜まつり臨時駐車場(2017年2月28日)


こちらは、見頃を迎えていた桜並木の数々です。

この日の天候は終始、曇り。
そんな空模様の中でも、吹く風が冷たくなかったことで、快適に気持ち良く散策をしていました。 かんなみの桜の並木道の様子(2017年2月28日)


堤防上の散策路から、見下ろす桜並木の光景も、まずまずです。
(2017年2月28日)


こちらは、所々で、花びらを広げていた菜の花です。
河津桜の濃いピンク色と目立つカラーの菜の花イエロー。これがまた良い感じにマッチしていました。

函南サクラは2001年に、記念樹として河津サクラを植樹したものが、現在に至っています。
函南町桜と畑毛せせらぎ公園の看板(2017年2月28日)


ここからは、2015年3月2日に訪れた際の様子です。

この日は、団体ツアーの方々でしょうか?多くの人たちが、入れ替わり立ち代り桜見物に訪れていました。

満開一歩手前の、この日でしたが、長い距離続いている桜並木を眺め、時には風を感じながらの散歩道。
春の先取り感を十分に味わったことで、一人ニヤニヤしながら歩み進めていました。

そしてこの日は、まだ少し、寒さが残る時でした。
かんなみの桜の並木道の場面ごと(2015年3月2日)


こちらは2019年版「かんなみの桜散策マップ」です。


函南町柿沢川沿いに立ち並ぶ桜の数々。長く続く桜並木を眺めながらのウォーキングは、一足早い春の訪れを感じて、快適に歩み進めることができました。