煌めきの丘【沼津市】


煌めきの丘(2015年11月4日)

観光名所
又は、
スポット名
煌めきの丘(きらめきのおか)
地域 静岡県 伊豆地方(沼津市南部)
住所 静岡県沼津市井田付近(県道17号線沿い)
入場料 無料
トイレ 無し
駐車場 有り

一口メモ
・煌めきの丘から明神池を通り、井田海岸まで歩いていました。
・「煌めき」とは、海面がキラキラとキラめいて見えることから名付けられました。

(参考Web)煌(きら)めきの丘|沼津市観光WEB(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/asobu/kirameki/index.htm)

静岡県沼津市の位置図
Google map

海面がキラキラと煌(きら)めいて見えることから名付けられた「煌(きら)めきの丘」は、見晴らしのよい休息スポットです。
そして、富士山ビュースポットにもなっています。

入れ替わり立ち代りというと表現がオーバーですが、比較的にクルマが立ち寄っているイメージが強い休憩ポイントでもあります。

煌めきの丘の石碑(2015年8月27日)

戸田(へだ)港から県道17号線を6km程。北進したあたりに「煌めきの丘」の看板が出ています。
煌めきの丘への北からと南側からの出入り口の様子(2015年8月27日)

こちらは展望スペースの風景です。

ちなみに、ここにはトイレがありません。

ここより県道17号線を南に下ったところにある「出逢い岬」にはトイレがありますよ。
煌めきの丘の展望スペースの風景(駐車スペース含む)(2015年8月27日)


ここの地名の「井田」は、「いだ」ではなくて「いた」と読みます。

地名って色々な読み方がありますね。
煌めきの丘での富士山ビュースポット井田の看板(2015年8月27日)
こちらは、田園風景を見下ろした風景です。

うっすらと「井田」の文字。
わかりますでしょうか?
煌めきの丘から田園風景を見下ろした様子(2015年10月7日)

こちらは、別の日に訪れたのですが、田園風景が菜の花畑となっていました。

沼津市井田地区の「菜の花畑」は「ぬまづの宝100選」に選定されています。

(参考Webページ)井田の菜の花畑/沼津市(http://www.city.numazu.shizuoka.jp/citypromotion/takara/shizen/06_ita.htm)
煌めきの丘から眺めた沼津市戸田の井田の菜の花畑(2016年2月10日)


ちなみに、2018年1月31日に訪れた際には、菜の花畑となっていませんでした。
煌めきの丘からの田園風景の様子(2018年1月31日)


ここからは、2019年1月21日訪問時の様子をご紹介いたします。

この時は、菜の花畑(黄色い矢印)となっていました。

ここから4つ。
順番に拡大していきます。
沼津井田の菜の花(2019年1月21日)


良い具合に色付いていた「井田」菜の花畑でした。
沼津市井田の菜の花(2019年1月21日)


菜の花畑をズーム(拡大)しています。
沼津井田の菜の花畑(2019年1月21日)


そして、さらにクローズアップ。

天気の良い昼間でしたが吹く風が冷たく、寒さで小刻みに足踏みしながらの菜の花ビューでした。
沼津市井田の菜の花畑(2019年1月21日)


参考としてこちらは、全体を見渡した様子です。
晴れたり雲が懸かったりと、ハッキリしない空模様でしたが、富士山の姿が見れたことは、ラッキーでした。
(でもこれだと、富士山の位置がわかりにくいですね)
煌めきの丘から全体を見渡した様子(富士山あり)(2018年1月31日)


(ちなみに、矢印のところが富士山です)
煌めきの丘から全体を見渡した様子(富士山あり)(2018年1月31日)


(後述していますが)こちらの展望台を下りて海岸の方に行くと「明神池(みょうじんいけ)」があります。

周囲約650mの「明神池」は、海まで50m程の距離しかないのに淡水が湧き出す。なんとも不思議な池です。
煌めきの丘にて、海から分かれた明神池の説明看板(2015年8月27日)


こちらは、井田松江古墳群の説明看板風景です。

井田松江古墳(県指定史跡)

古墳時代の終わり頃(今から1400年前頃)、20数基の円墳がこの尾根につくられました。

溶岩の割石を積んだ石室の中に、板石を組みあわせてつくった棺をおさめるものもあります。

7号墳からは10数体分の人骨が出土し、18号墳からは銀象嵌のある大刀の柄頭が発見されました。

この眼下に広がる駿河湾に生きた人々のお墓であると考えられます。

(現地説明看板より)
煌めきの丘にて、井田松江古墳群の説明看板(2015年8月27日)

こちらは、展望台デッキの風景です。

下に降りていく階段があるので、ここから井田の海岸まで歩いていました。

この日は、曇ったり晴れたりとハッキリしない空模様でしたが、ヒジョ~に暑い一日でした。
煌めきの丘の展望台デッキ(2015年8月27日)

こちらは「井田海岸」まで1.21km。そして、「明神池」まで0.95km地点です。

それでは、出発です。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。「井田海岸」まで1.21km、「明神池」まで0.95kmの表示板(2015年8月27日)


ちなみに、歩いた道のりはこのような感じです。

海岸までは、そのほとんどが下り道です。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。井田の海岸への道のりの様子(木々の緑)(2015年8月27日)

え!?ええ?「落石注意って」過去に落石があったということ?か・・・。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。落石注意の看板(2015年8月27日)

海岸のほうを眺めると、のどかな田園風景です。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。散策路道中途中から眺めた田園風景(2015年8月27日)


そうそう、このあたりは前日の雨の影響だと思いますが、所々に水溜りがあり、ヌカるんでいる場面が多くありました。

散策道も先ほどの歩きやすい道とは一転。「モッサァ~」っと草が生い茂っている場面が多く、悪戦苦闘しながら歩いています。

「うわ、くもの巣だ…」。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。所々に水溜りがあり、ヌカるんでいる箇所の散策路(2015年8月27日)


気分転換に、また眺めてみた田園風景です。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。海景色と田園風景(2015年8月27日)


ここは、更に草が生い茂っていて…うわ!。今度は「デ、デカイ!蜂(ハチ)だ!」。

イヤな相手に遭遇していました。

僕たち、ハチを刺激すること。何かやらかしたか?
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。草が生い茂っていた場面の散策路の様子(2015年8月27日)


そんなこんなで、井田海岸まで0.76km地点です。

けっこう歩いた感覚があったのですが、まだ半分の距離を歩いただけでした。

ちなみに、明神池までは、あと0.5kmのところです。

そして少し歩くと、
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。井田海岸まで0.76kmの表示板(2015年8月27日)

案内看板を発見です。

あ~喉が渇いた…飲み物持参すれば良かった。 煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。現在地の案内看板(明神池と近い距離まで歩いてきました)(2015年8月27日)

そして、「ふぅ~」。ようやく普通の道に出て来ました。

先ほど、上から眺めていた田園風景が真近に見えます。

「うわぁ、直射日光が暑くて眩しい・・・」。

ちなみに、右上に写っているのが「明神池」です。

行きは、暑さの為、ぼぉ~っとしていたのか。なぜか、池を素通りしていました(明神池の風景は、後述しています)。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。平坦な道のりの様子(2015年8月27日)

そして、「明神池」から徒歩数分の位置に「池大明神」が鎮座しています。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。こちらは鎮座していた池大明神です(2015年8月27日)


そこで、心を込めて一礼しています。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。こちらは鳥居(池大明神)です(2015年8月27日)

「池大明神」にて一礼してからは、再度前進しています。

そして、畑で作業をされていた方々と挨拶を交わしながら、海岸へと向かって歩きを続けています。

「それにしても、のどかだ」。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。海岸に向かっての道のり(平坦)(2015年8月27日)


海岸は、すぐそこです。

行ってみましょう。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。こちらは海岸近くの様子です(2015年8月27日)

「井田の海岸」に到着です。

潮のかおり。「ジョワァ~、ジョワァ~」という波の音。そして、水平線。この感じ好きなのです。

(しばらく水平線を見つめています)
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。そして、井田の海岸がこちらです(2015年8月27日)

こちらは、海岸近くのトイレなどの風景です。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。続いては海岸近くのトイレです(2015年8月27日)


こちらも井田海岸風景の一枚としてご紹介します。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。こちらは現地の注意看板です(2015年8月27日)


さてそれでは、「煌めきの丘」展望台のほうに戻ります。

今度は、来る時に素通りした「明神池」をしげしげと眺めてみたいと思います。
「煌めきの丘」展望台方向に戻る道のり(2015年8月27日)


ちなみに、 展望台は、この辺り。

それにしても雲が出てきたなぁ・・・。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。のどかな田園景色が広がっていました(2015年8月27日)

そして「明神池」へと到着です。

周囲約650mの「明神池」は、海まで50m程の距離しかないのに淡水が湧き出す。なんとも不思議な池です。

井田の海岸では、キラキラ感を感じませんでしたが、こちら明神池では、ちょうどこの時に、太陽の光全快で水面がキラキラと輝いて見えました。
(そのキラキラ感を上手にお伝えできていないのが残念です)
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。そして、明神池の様子をお伝えしています(2015年8月27日)


それでは「煌めきの丘」駐車場まで戻ります。
煌めきの丘から歩いた様子をお伝えしています。こちらは帰り道の様子です(2015年8月27日)


駐車場までの帰り道。実は、方向音痴になっていました。

そして、だいぶ遠回り(・・・トホホ)。 50分程かけてどうにか駐車場まで辿り着きました。

道を間違えなかったら?どうでしょう、帰り道は30分位?かと。

煌めきの丘への帰り道は、一転して、そのほとんどが登り道(坂)です。

気温が暑かったこともあり、ハァ、ハァ…と相当に息を切らせて、汗もハンパなくビッショリとかいていました。