蓮興寺、蓮【沼津市】


蓮興寺の蓮の花(2015年7月14日)

観光名所
又は、
スポット名
蓮興寺(れんこうじ)の蓮(ハス)
地域 静岡県 東部地方
住所 静岡県沼津市井出826
例年時期 6月下旬~7月
入場料 無し
駐車場 有り(参拝者用駐車場)
交通アクセス (1km以内に)
・西井出バス停留所( ミューバス原駅循環路線
備考 蓮の名所ですが、寺院の境内地という神聖な場所でもあります。
節度ある行動を心掛けましょう。
※記載情報が古い場合がございます。予めご了承ください。

一口メモ
・新幹線が近くを走っている環境なので、急に「ビュン!」と、通過する音に「ビクッ!」と驚きました。
・蓮が、その花びらを広げるのは、午前中といいます。
 蓮の花を眺めるには、午前中(できれば早い時間帯)をおススメします。
 ちなみにこの日、朝8:00頃、境内を訪れていました。

(参考Webページ)妙法山蓮興寺(http://www011.upp.so-net.ne.jp/renkoji/)

静岡県沼津市の位置図
Google map

この日は、朝8:00頃、蓮興寺へと訪れていました。

まずは、 御住職様へご挨拶をしてから御本堂に一礼し、蓮(ハス)の花を眺めさせていただきました。

ちなみに花開いていたのは、20本くらいだったでしょうか。

でも、御住職様が「ちょうど良い時間に来ましたね。」とおっしゃってくれたように、 元気良く花びらを広げている蓮(ハス)の花が多かった印象です。

蓮がその花びらを広げる期間は、3~4日間といいます。
この時期は、ハスの花にとって晴れの舞台です。

静かな環境の中で、たくさんの小さな蜂(ハチ)たちが、セカセカと忙しく、花から花へと飛び回っていた光景。そのパワフルな動きに、ハチからパワーをもらった気分で眺めていました。

それから、新幹線の線路が近くを通っています。
「ビュン!」と急に通過する、あの音には、少し「ピクッ!」としましたが、静寂(せいじゃく)の中で、ゆったりとした時間を過ごすことができました。


蓮興寺の蓮の花:見頃を迎えていた蓮の花をチョイスしてお伝えしています(2015年7月14日)


こちらは、一緒に咲いていた「オモダカ」。

沼地や湿地帯などに自生する多年草(※1)です。
(※1)毎年茎や葉を伸ばすもの。
蓮興寺にて眺めたオモダカ(2015年7月14日)


県道22号線(根方街道)から北へ曲がり、蓮興寺まで向かう道幅が狭いので、クルマで行く際には、運転お気を付け下さい。

蓮の名所ですが、寺院の境内地という神聖な場所でもあります。
節度ある行動をお願いします。