大津谷川沿い、桜【島田市】


大津谷川沿いの桜(2016年4月5日)

観光名所
又は、
スポット名
大津谷川(おおつやがわ)沿いの桜並木
地域 静岡県 中部地方
住所 静岡県島田市道悦島(どうえつじま)~東町付近
例年時期 3月下旬~4月上旬
入場料 無料
トイレ 不明
駐車場 周辺をぐるぐる巡ってみましたが、確認出来ませんでした。
交通アクセス 六合駅(東海道本線)から桜並木まで徒歩にて約1km
※記載情報が古い場合がございます。予めご了承ください。

一口メモ
・六合駅(ろくごうえき:東海道本線)から、大津谷川沿いの桜並木が続いているエリアまで、1km前後(徒歩にして15分~20分)の道のりです。

(参考Webページ)さくら開花情報|静岡県(http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-080/sakura/kaika.html)

(参考Webページ)島田市観光協会(大津谷川桜堤防)http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=135

静岡県島田市の位置図
Google map

訪れたこの日は、見頃を迎えていた桜並木でした。
(桜の並木道を歩いていると、(天候がハッキリしない空模様の中でも)地元の方々でしょうか、たくさんの人たちとすれ違いました)

大津谷川(おおつやがわ)沿い両岸の約2kmにわたって続く桜並木。例年3月下旬~4月上旬に見頃を迎えていきます。

その並木道を一通り歩いていました。
並木道沿いに提灯(ちょうちん)をぶら下げてある区間を歩いた時が、春らしさを一番身近に感じた瞬間です。


それではここから3つ。大津谷川沿い桜並木の風景をお伝えします。
大津谷川沿いの桜:見頃を迎えていた桜並木をチョイスしています。(2016年4月5日)


こちらが、静岡県島田市内を流れる「大津谷川(おおつやがわ)」です。

その川の流れは、島田市と隣接している藤枝市との市境あたりで大井川に合流しています。
大津谷川沿いの桜:大津谷川と桜並木の様子(2016年4月5日)


県内の桜スポット「大津谷川堤防の桜並木」。その桜アーチを歩いて行くのは、とても良い気分でした。

それから、臨時駐車場は、とうとう見当たりませんでした。

ちなみに東海道本線の六合駅(ろくごうえき)から、大津谷川沿いの桜並木が続いているエリアまでは約1km前後の距離にて、徒歩にして15分~20分の道のりです。

曇り空だったことは残念でしたが、長い距離続く桜並木の光景はよいものでした。
(もっと天候が良ければ、もっと見栄え良く眺められたはずです)
大津谷川沿いの桜:土手から眺めた桜並木(2016年4月5日)


現地にて、地元の方々でしょうか?ご婦人団体さんグループや、ご夫婦の方々など、行く先々ですれ違った場面が印象に残ります。

色々とお話しを聞くうちに、「愛されている桜並木」だと実感していました。