竜宮公園(竜宮窟)【下田市】


竜宮窟(2015年9月11日)

観光名所
又は、
スポット名
竜宮窟(りゅうぐうくつ)
地域 静岡県 伊豆地方
住所 静岡県下田市田牛(とうじ)
入園料 無料
トイレ 有り
駐車場 有り
交通アクセス 龍宮窟 | 伊豆半島ジオパーク
※記載情報が古い場合がございます。予めご了承ください。

一口メモ
・大地が作った神秘のハート「竜宮窟(りゅうぐうくつ)」は、恋人たち定番のデートスポットです。

(参考Webページ)一般社団法人 下田市観光協会(龍宮窟の紹介)http://www.shimoda-city.info/tourism/ryugukutsu.html

静岡県下田市の位置図
Google map

静岡県下田市にある竜宮公園の竜宮窟(りゅうぐうくつ)は、現地の説明看板に書いてある通りなのですが、まさに「自然がつくった神秘(しんぴ)の洞窟(どうくつ)」です。
  
竜宮窟(りゅうぐうくつ)は、
   ↓
海食洞(かいしょくどう)と呼ばれる洞窟で、
   ↓
波の打ちつけによる侵食(しんしょく)によって地層が削られ、
   ↓
現在の形になりました。
    
竜宮窟での寄せては返す波の光景を眺めていたら、何とも言えない不思議な空間にいるようで、神秘的な居心地感がありました。
   
この洞窟は天井がスッポリと開いています。
そして、洞窟内からは空を眺められ、また、洞窟の周りを1周出来るコースからは、洞窟内を見下ろせる展望場所があります。
    
そして、1周コースの中には、上から見下ろすと、岩がハート型のように見える展望台があり、デートスポットとしても親しまれている県内の観光名所です。
    
伊豆半島は、観光名所が多いこともあって、連休中など休日ともなると、道路渋滞が予想されます。
もし渋滞に遭遇しても、イライラは体に良くありません。
そんな時は、気持ちを落ち着かせ、譲り合いの気持ちでお願いします。


まずこちらは現地案内看板の風景です。

↓コチラの矢印で示したルートを歩いています。

1周歩いた感想は、長い道のりだと感じない距離でした。
竜宮窟の現地案内図(歩いたルートを矢印で示しています)(2015年9月11日)

こちらが、竜宮窟(りゅうぐうくつ)の入口風景です。

それでは、入ってみましょう。
竜宮窟(りゅうぐうくつ)の入口(2015年9月11日)


下に降りる急傾斜の階段を下りて行くとすぐに、竜宮窟が見えて来ますよ。
竜宮窟の急傾斜の階段(2015年9月11日)


正面に光が差し込んでいます。
その向こう側は海なのです。

正面に見える岩の穴からの寄せては返す波、そして、上を見上げると空が望める。なんとも不思議な空間です。

打ち返す波の音を聞きながら、岩の穴越しの水平線を眺め、どことなく神秘的な居心地感を味わっています。
竜宮窟内部と天窓(2015年9月11日)


こちら竜宮窟は、上を、ぐるりと一周出来るようになっています。

それでは、来た階段を戻り、そちらの方向に行ってみましょう。
竜宮窟の上り階段(2015年9月11日)

その前に、途中にあった説明看板を眺めています。

ちなみに、こちら竜宮窟(りゅうぐうくつ)の両脇には、サンドスキー場と田牛(とうじ)海水浴場があります。

(参考Webページ)田牛サンドスキー場 | 南から来た火山の贈りもの - 伊豆半島ジオパーク(http://izugeopark.org/maps/area-shimoda/kisami_touji/touji/)

(参考Webページ)田牛海水浴場|下田市観光協会
(http://www.shimoda-city.info/shimoda/sea/touji.html)

サンドスキー場は、海岸の崖(がけ)に吹き付ける風の力によって出来た天然の「砂堆(さたい)」と呼ばれる地形をしています。
また、傾斜が約30度もあり、その幅は約100mも。
竜宮窟の説明看板(竜宮窟(りゅうぐうくつ)の両脇には、サンドスキー場と田牛(とうじ)海水浴場があります)(2015年9月11日)


それでは、竜宮窟を上から眺めるコースにむかいます。
コース入口は、先程の場所のすぐ近くですよ。

さっそく「ハートビュースポットまで100m」の看板があります。
遊歩道は、比較的、歩きやすい道のりです。
竜宮窟の「ハートビュースポットまで100m」の看板(2015年9月11日)


テクテク歩いて行くと、すぐに展望ポイントが見えてきます。
竜宮窟の散策路の道のりの様子(2015年9月11日)


そこで、覗いて見ると、
竜宮窟の展望ポイント(2015年9月11日)

上から竜宮窟を見下ろすロケーションです。

(ここで、しばらくの間、立ち止まり、眺めています)

あれ、後ろからカップルの人たちの姿が。
よし、僕らだけでここを独占するのは、ここまで。

それでは、次に進みましょう。
竜宮窟を見下ろすロケーション(2015年9月11日)


訪れたこの日は、それほど暑くなく散歩するには「ちょうど良い感じ」の陽気でした。
散策道も歩きやすく快適に歩き進めています。

そして、しばらく、ブラブラ歩いていると、
竜宮窟の歩きやすい散策道(2015年9月11日)

「龍王社」看板発見です。
竜宮窟に鎮座する「龍王社」看板(2015年9月11日)


旅の無事を願い。お社(やしろ)に一礼をしてから、再度、歩き進めています。
竜宮窟に鎮座するお社(2015年9月11日)

すると今度は「ハートビュースポットまで30m」の看板。

あれれ、ここまで、ゆっくり歩き過ぎた・・・か。
後ろから、カップルグループの姿が迫っていました。

平日というのに、人がこんなにも多いとは…少し驚きです。
竜宮窟の「ハートビュースポットまで30m」の看板(2015年9月11日)


(とりあえず、カップルグループに道を譲り)

相変わらず、ゆったりペースで歩いていると、
竜宮窟の少し狭い幅の散策路の様子(2015年9月11日)

その先には、たくさんの人たちがいました。

そこで、しばらくの間、立っていた看板を眺めてみると。

「大地が作った神秘のハート」うまい表現です。
「直径約40mの穴を覗き込むと竜宮窟の内部を眺められます」とも。

弱い部分が波によって侵食(しんしょく)され、
   ↓
2方向に(これが、「ハート型」のように)削られ、
   ↓
また洞窟の天井が崩落したことにより、
   ↓
上から眺められるようになりました。とのこと。

自然のチカラは偉大です。
竜宮窟の現地案内板(「大地が作った神秘のハート」「直径約40mの穴を覗き込むと竜宮窟の内部を眺められます」の記載)(2015年9月11日)

ようやく順番が来た。

ではでは、どれどれ。
竜宮窟のハート(2015年9月11日)


なるほど!確かにハート。

自然が長い年月を掛けて作り出した愛の形「ハート」。なんとも神秘的なラブスポットです。

静岡県下田市にある素敵なスポット「大地が作った神秘のハート」。二人の思い出作りに竜宮窟はいかがでしょうか。竜宮窟の大地が作った神秘のハート(2015年9月11日)


下からだと、たぶん、ここの辺りから眺めた風景です。
竜宮窟のハート型を眺めた場所(2015年9月11日)


そんなこんなで、順路のほうを進んでいます。

次のビュースポットへ向かって。
竜宮窟の次のビュースポット(2015年9月11日)


散策道は、このような感じです。

草木がこんもりしている場面がありましたが、比較的歩きやすい道のりでした。
竜宮窟の散策路の様子(草木がこんもりしている場面)(2015年9月11日)

そして次のビュースポットに到着です。

見ようによっては、ここもハート型に見えるような・・・。

こちらの場所には、立ち止まっている人たちの姿がありませんでした。

(そこで、この光景しばらく眺めています)
竜宮窟のビュースポット(2015年9月11日)

次のビュースポットは、サンドスキービューです。

こちらのサンドスキー場は、海岸の崖(がけ)に吹き付ける風の力によって出来た天然の「砂堆(さたい)」と呼ばれる地形をしています。

傾斜が約30度もあり、その幅は約100mだと。

(参考Webページ)田牛サンドスキー場 | 南から来た火山の贈りもの - 伊豆半島ジオパーク(http://izugeopark.org/maps/area-shimoda/kisami_touji/touji/) 竜宮窟から眺めたサンドスキー(2015年9月11日)

そんなこんなで、竜宮窟を1周する(ビュースポット)コース帰り道の風景です。
竜宮窟の駐車場(2015年9月11日)

そして、こちらはトイレ。
竜宮窟のトイレ(便所)(2015年9月11日)


竜宮靴は、海食洞(かいしょくどう)と呼ばれる洞窟です。

これは地層に波が打ち付けられることで、その地層の弱い部分が削られて形成された洞窟。
まさに「自然が作り出した神秘の洞窟」でした。
竜宮窟の現地説明板(竜宮靴は、海食洞(かいしょくどう)と呼ばれる洞窟)(2015年9月11日)


ここから話が少しソレますが、以前、こちら下田までクルマにて訪れた際に、連休シーズンだったことで、だいぶ手前の中伊豆辺りから、ウンともスンともクルマが前に進まない大、大渋滞にカチ合わせてしまった場面がありました。

その時は、ホント、イライラ感ハンパなかったのですが…今思えば、渋滞を楽しむ余裕を持ちたかったと。

夏休みシーズンなどの連休は、特に渋滞が予想されます。

あらかじめ混雑を予想して、時間に余裕を持った計画をおススメします。


ちなみに、竜宮窟の向こう側は、田牛(とうじ)海水浴場になります。

(参考Webページ)田牛海水浴場|下田市観光協会(http://www.shimoda-city.info/shimoda/sea/touji.html) 竜宮窟の田牛(とうじ)海水浴場方向の様子(2015年9月11日)


今回は、下田市にある竜宮公園(竜宮窟)をお伝えしました。