海遊の足湯【下田市】


海遊の足湯【下田市】(2021年 3月12日)

観光名所
又は、
スポット名
海遊の足湯
(かいゆうのあしゆ)
地域 静岡県 伊豆地方
住所 静岡県下田市柿崎地先
(まどが浜海遊公園内)
入園料 無料
トイレ 園内トイレ
駐車場 有り
交通アクセス 伊豆急下田駅から徒歩にて約20分(約1.5㎞)
※記載情報が古い場合がございます。予めご了承ください。

一口メモ
・『海遊の足湯』は『まどが浜海遊公園』内にあります。

(参考Webページ)海遊の足湯 | 下田市( https://www.city.shimoda.shizuoka.jp/category/100100midokoro/110761.html)

静岡県下田市の位置図
Google map

今回お伝えしている「海遊の足湯」は「まどが浜海遊公園」内にあります。

(海遊の足湯は)海を眺めながら足湯が楽しめるスポットとして、そして、憩いの場所として、たくさんの人たちに親しまれています。

訪れたこの日も同様で、ほんわかムードの中にて、ご婦人グループやファミリー、そして、つかの間の休息をしている人たちなど、入れ替わり、立ち代わり人の流れがありました。

海遊の足湯【下田市】:まどが浜海遊公園内(2021年 3月12日)


まずこちらは、まどが浜海遊公園内の海を望む場所に立つ坂本龍馬像です。

どうして坂本龍馬?と気になり、
「下田」と「坂本龍馬」。この2つのキーワードを自分なりに調べてみると・・・。
 (もしも、内容が間違っていたら「ごめんなさい」)

江戸時代後期(幕末)、土佐藩を脱藩した「坂本龍馬」について、
     ↓
「勝海舟」が「土佐藩主」に対して、「坂本龍馬脱藩の罪を解いてほしい」旨の会談が、
     ↓
1863年、「下田」にて、行われたそうです。
(もしかしたら、このことが関係しているのかも?)

それからもうひとつ。
こちらは↓下田市観光協会が出している「下田龍馬伝」です。

(参考webページ)伊豆下田観光協会公式サイト- | 下田龍馬伝 - 下田市観光協会(https://www.shimoda-city.info/shimoda/30colors/vol07.html)
まどが浜海遊公園:坂本龍馬像(2021年 3月12日)


お伝えついでにその周辺景色と、
(まどが浜海遊公園は解放感ある園内風景です)
まどが浜海遊公園:解放感ある園内風景(2021年 3月12日)


まどが浜海遊公園周辺案内図をお伝えします。
まどが浜海遊公園周辺案内図(2021年 3月12日)


(↓ここから、場面が足湯に戻ります)

こちらは足湯方向をお伝えしています。
海遊の足湯【下田市】:反対側(2021年 3月12日)


今度は、上記の反対側からお伝えしています。
海遊の足湯【下田市】:近づいて見る(2021年 3月12日)


続いてこちらは、現地の注意看板をお伝えしています。
海遊の足湯【下田市】:足湯のマナー板(2021年 3月12日)


「下田温泉」と書かれていますね。
下田温泉は、下田市内にある温泉(白浜温泉、観音温泉、蓮台寺温泉、河内温泉、相玉温泉)の総称です。海遊の足湯【下田市】:下田温泉(2021年 3月12日)


「海遊の足湯」のある「まどが浜海遊公園」は「憩いのスポット」です。