季節の花  桜の花  熱海市

あたみ桜【熱海市】


糸川遊歩道沿いにて、花開いていた「あたみ桜」の様子(2016年1月19日)

観光名所
又は、
スポット名
あたみ桜
地域 静岡県 伊豆地方
住所 静岡県熱海市各所
(今回は、糸川遊歩道沿い(熱海市中央町付近)を歩いてみました)
例年時期 1月下旬~2月上旬
入場料 無料
トイレ 無し
駐車場 無し(周辺に有料駐車場あり)
交通アクセス ・熱海駅から徒歩にて約1.5km
・来宮駅(伊東線)から徒歩にて約1km

一口メモ
・インド原産の寒桜の一種で、明治4年頃イタリア人によって熱海の地に、もたらされたと伝わる「熱海桜」です。

第8回 あたみ桜 糸川桜まつり
2018年1月20日(土)~2月11日(日祝)
開催期間中夜間ライトアップ
17:00~23:00(予定)

(参考Webページ)桜開花状況(静岡県)
(参考Webページ)第8回あたみ桜糸川桜まつり(https://www.ataminews.gr.jp/event/208/)


Google map

「熱海市の木」に指定されている早咲きのサクラ「あたみ桜」は、まだ冬真っ只中の1月から熱海市内各所で、徐々にその開花時期を向かえていきます。

熱海市のシンボルのひとつ「あたみ桜」。今回は、熱海市中心部を流れる糸川の遊歩道沿いにて咲いていた「あたみ桜」の様子をお伝えします。

ちなみに、糸川遊歩道沿いには58本のあたみ桜が立ち並んでいます。
訪れたこの日は、もうすぐ見頃を迎える。という時でした。


こちらは、現地にあった糸川遊歩道マップです。
あたみ桜が立ち並んでいる糸川遊歩道は、市内中心市街地にあります。
糸川遊歩道マップ(桜並木箇所記載あり)(2016年1月19日)


熱海市定番の桜景色「あたみ桜」は、春の足音が、まだ聞こえてこない(吹く風冷たい)時期に見ごろを迎えていきます。
花開いていたあたみ桜をチョイスしてお伝えしています。(2016年1月19日)


そして、「あたみ桜」が花びらを広げる時期を迎えると、例年「あたみ桜 糸川桜まつりが開催されます。

(参考Webページ)第7回あたみ桜「糸川桜まつり」 in 熱海糸川遊歩道 | 伊東マリンタウン(http://ito-marinetown.co.jp/izu-29764.html) 糸川さくら祭りの現地案内看板の様子(2016年1月19日)


あたみ桜は、インド原産の寒桜の一種で、明治4年頃、イタリア人によって、ここ熱海の地に、もたらされたと伝わります。
糸川遊歩道沿いにて花開いていたあたみ桜をチョイスしてお伝えしています。(2016年1月19日)


あたみ桜が見頃を迎える時期は、昼間でも風が冷たい季節と重なり、また、インフルエンザの猛威がピークを迎えていく時期とも重なります。

風邪を引かない様に!温かい格好をしてお出掛け下さい。


 季節の花  桜の花  熱海市