修善寺自然公園、紅葉【伊豆市】


修善寺自然公園の紅葉(2015年11月24日)

観光名所
又は、
スポット名
修善寺(しゅぜんじ)自然公園の紅葉(こうよう)
地域 静岡県 伊豆地方
住所 伊豆市修善寺3690
例年時期 11月中旬~12月上旬
入園料 無料
トイレ 有り
駐車場 有り(有料)
交通アクセス 修善寺自然公園|伊豆市観光情報

一口メモ
・園内はアップダウンがありますので散策には、歩きやすい靴(スニーカーなど)がおススメです。

修善寺もみじまつり
2018年11月15日(木)~12月5日(水)

(参考Webページ)伊豆市観光協会修善寺支部(http://www.shuzenji-kankou.com/autumn.html)

静岡県伊豆市の位置図
Google map

訪れたこの日は園内の紅葉全体的に、ほどよい色付きを見せていました。

こちら修善寺自然公園は、大正13年(1924年)に作られ、その際に「もみじ」などの苗(なえ)を植樹し、順次園内整備をしながら現在に至っています。

園内はアップダウンが多いので、散策路をぐるっと1周歩くと、体がポカポカと温まる運動量になります。

また、散策路途中には、ヌカるんでいて滑りやすい箇所があります。
「転ばない様に、ご注意下さい」。

アップダウンと申しましたが、園内~臨時駐車場への道のりもキツイ傾斜の坂道です。

ちなみに、臨時駐車場→園内へと向かう場合は下り坂です。
そして、園内→臨時駐車場への道のりは、その逆で上り坂になります。
(この坂道は傾斜があるので、思った以上に「キツイ」と感じました)

それともうひとつ。
訪れたこの日は、極端に寒いとは感じませんでしたが風が冷たく、手がカジかんでいました。
その日の天候により一概に言えませんが、手袋をおススメしたいところです。

なんだか修善寺自然公園のマイナスポイントばかりお話ししていますが、秋色に色付く木々のコラボレーションは、伊豆地方定番の紅葉スポットです。


それでは、園内風景をお伝えしていきます。

まずこちらは、園内もみじ林の最上段あたりに設置されていた現地案内看板です。

↓コチラの矢印で示したルートにて、園内散策をしています。
園内は、坂道が多く疲れますが、歩いていたら次第に体がポカポカと温まっていました。

本格的な冬に向かって一直線のこの時期で、その季節感を身近に感じながら紅葉景色を眺めていました。

それから、(先ほども申し上げましたが)訪れたこの日は、乗用車駐車場が、こちらの公園から離れた場所にありました。
(駐車場からの様子は後述しています)。
修善寺自然公園の現地案内図(歩いたルートを矢印で示しています)(2015年11月24日)


それではここから5つ。
こちら「修善寺自然公園」紅葉景色のご紹介です。
修善寺自然公園の園内散策路沿いを彩る紅葉景色(2015年11月24日)


まだ紅葉全開ではない箇所が所々ありましたが、全体的に眺めて見ると、程よい色付き感を出していた園内風景でした。
修善寺自然公園の一段高い位置から眺めた紅葉景色(2015年11月24日)


こちらの場所では、紅葉盛り真っ只中の色付きを見せていました。
修善寺自然公園にて木々が色づいていた箇所をチョイスしてお伝えしています(2015年11月24日)


また、こちらの場所では、紅葉終わりかけのところが目立っていました。

「ぐちゃっ」と足元がヌカるんでいた箇所があったので、ご注意下さい。
修善寺自然公園での見頃を迎えていた紅葉景色を選んでお伝えしています(2015年11月24日)


そして、木々の色付きを感じながら、そして、風の冷たさを身近に感じながら園内散策を続けていました。
修善寺自然公園での見頃を迎えていた園内の木々の色づき(2015年11月24日)


続いては、園内遊歩道(階段など)の風景です。

こちらの階段が、意外にも傾斜がキツく感じました。
その下の散策道は、緩やかな道のりです。
修善寺自然公園の上りの園内階段と散策路の様子(2015年11月24日)


そして「足元滑ります。ご注意下さい」の注意看板が目の前に現れました。

足元がヌカるんで、滑りやすい箇所があります。
「転ばない様にご注意を!」
修善寺自然公園での「足元滑ります。ご注意下さい」の看板(2015年11月24日)


場面が変わります。

こちらは、臨時駐車場(有料:この時は300円/1台でした)と、その駐車場から修善寺自然公園までの道のりです。

公園へと向かう時は下り道ですが、帰りはその逆で急な上り勾配です。
坂がキツかったので、思った以上に疲れました。
修善寺自然公園の駐車場への道のりと駐車場の入場ゲート(公園への道のり含む)(2015年11月24日)


こちらは、「梅林・もみじ林パーキングチケット(300円)」です。

梅林とも書いてあります。
こちらの駐車場は、観梅時期に開催される修善寺梅林でも使用されています。

もしよろしければ、こちら「修善寺梅林の風景」をご覧下さい。 修善寺自然公園の入場チケット(2015年11月24日)


「いつまでもこの自然を絶やさないように、みんなでこの公園を守りましょう」と。
自身で出したゴミなどは、持ち帰る様に心掛けたい。
修善寺自然公園の説明看板(2015年11月24日)


こちらは、「修善寺自然園 もみじ林入口」看板風景です。
修善寺自然園「もみじ林入口」の表示(2015年11月24日)


園内はアップダウンがあるので少し疲れますが、休憩を挟みながらゆったりと、紅葉景色を楽しんでいました。
修善寺自然公園の園内散策路(上り坂など)の様子(2015年11月24日)


「もみじ(紅葉)」と「かえで(楓)」を同じ意味で使うことがあります。
ちなみに、両者は同じカエデ科カエデ属の一種に分類されています。

見分けるポイントは、多種多様ですが、主に「もみじ」は、葉の切れ込みが深く、それに比べ「かえで」はそれほど葉の切込みが深くないことだいいます。