二俣城址 城山公園、紅葉【浜松市】


城山公園(二俣城址)紅葉(2018年12月 5日)

観光名所
又は、
スポット名
二俣城址 城山公園の紅葉(こうよう)
地域 静岡県 西部地方
住所 静岡県浜松市天竜区二俣町二俣地先
例年時期 11月下旬~12月上旬
入場料 無料
駐車場 有り
交通アクセス 天竜浜名湖鉄道「二俣本町駅」から徒歩にて約1km
天浜線(天竜浜名湖鉄道株式会社)公式ウェブ
備考

一口メモ
・ 二俣城址(城山公園) からクルマで近い距離(徒歩でも可能な場所)にある「 鳥羽山公園 」も、紅葉景色を望むことが出来るスポットです。

(参考Webページ)浜松市内の公園紹介(城山公園(二俣城址)など) ~天竜区~ / 浜松公園緑地協会(http://www.hama-park.or.jp/f-park/park/park-tenryu1.html)

(参考Webページ)二俣城│Wikipedia(ja.wikipedia.org/wiki/二俣城)

静岡県浜松市の位置図
Google map

城山公園(二俣城址)近くには、天竜川と二俣川の流れがあります。

かつての二俣城はこの川を天然の堀とした(丘陵上に築かれていた)堅城で、戦国時代には2人のビックネーム「武田軍(信玄)VS徳川軍(家康)」戦場の舞台となった地です。

また、「二俣城跡及び鳥羽山城跡」として城跡が国の史跡に指定されています。

そして、県内の隠れた紅葉スポットにもなっている城山公園(二俣城址)です。


まずはじめに駐車場景色からお伝えします。 城山公園(二俣城址)駐車場(2018年12月 5日)


それでは、本丸跡方向へと向かって歩き出します。
(黄色い矢印ルートにて園内散策をしています)
城山公園(二俣城址)公園案内図(2018年12月 5日)


今回は、上記の入口からではなく、二俣城跡入口の誘導表示のあるコチラから本丸跡方向(上記案内図の黄色い矢印表示ルート)へと歩き出しています。
城山公園(二俣城址)入口(2018年12月 5日)


そして、まずはじめの紅葉景色です。
城山公園(二俣城址)散策路沿いの紅葉(2018年12月 5日)


こちらは、散策路の様子です。 城山公園(二俣城址)落葉(2018年12月 5日)


所々で落葉が目立っていたこと。印象に残る場面です。
城山公園(二俣城址)落葉(ズーム)(2018年12月 5日)


山城であった二俣城のため、登り勾配の道を歩いて行きますよ。 城山公園(二俣城址)紅葉と散策路(2018年12月 5日)


続いて、鎮座している城山稲荷神社をお参りしてから、 城山公園(二俣城址)城山稲荷神社(2018年12月 5日)


本丸広場(天守台付近)に到着です。
戦国時代には、こちら二俣城、そして、鳥羽山城が、武田軍VS徳川軍戦場の舞台となりました。
城山公園(二俣城址)紅葉(3箇所)(2018年12月 5日)


二俣城跡の説明板をご紹介してから、
城山公園(二俣城址)説明板(2018年12月 5日)


ちなみに、「二俣城址」と「鳥羽山公園」の位置関係は、このような感じです。
城山公園(二俣城址)鳥羽山公園との位置関係板(2018年12月 5日)


もう一つ。
ご参考として「二俣本町駅(天竜浜名湖鉄道)」や「西鹿島駅(天竜浜名湖鉄道)」そして「鳥羽山公園」の位置関係をお伝えしておきます。
城山公園(二俣城址)天竜浜名湖鉄道との位置関係板(2018年12月 5日)


(場面が戻ります)

こちらは、本丸付近の紅葉景色です。

晴れた空と木々の彩りは、なんとも心地よい光景でした。

それから、冬の訪れを身近に感じた瞬間でもありました。
城山公園(二俣城址)紅葉景色(2018年12月 5日)


続いて向かっているのは、
城山公園(二俣城址)散策路と木漏れ日(2018年12月 5日)


旭ヶ丘神社です。

こちらでは、落葉目立っていたイチョウの光景でした。
城山公園(二俣城址)旭ヶ丘神社とイチョウの紅葉(2018年12月 5日)


イチョウ定番の落葉景色ですが、黄色いジュータンの様で、しばらくその様子を見つめています。

晴れた空はイチョウをより一層引き立たせますね。
木漏れ日の光景でしたが、秋に輝く散り敷かれた色鮮やかな黄色。踏み締めるのがもったいない位の光景でした。
城山公園(二俣城址)イチョウの落葉(2018年12月 5日)


(場面が戻ります)

これまでの散策途中にあった園内トイレをお伝えしてから、
城山公園(二俣城址)トイレ(2018年12月 5日)


再度、本丸跡付近の紅葉景色を2つ。お伝えします。 城山公園(二俣城址)紅葉風景(2018年12月 5日)


木々の隙間から降り注ぐ太陽の光。
何とも言えない居心地良さを感じた瞬間でした。
城山公園(二俣城址)紅葉の彩り(2018年12月 5日)


静岡県内の紅葉スポットとしてはマイナーかもしれません。が、木々の彩りを眺めては、秋の深まり、そして、冬の訪れを身近に感じていました。