中央公園(五竜の滝)、鯉のぼり【裾野市】


五竜の滝(裾野市中央公園)にて泳いでいた鯉のぼり(2015年5月3日)

観光名所
又は、
スポット名
裾野市中央公園(五竜の滝)からの鯉のぼり
地域 静岡県 東部地方
住所 静岡県裾野市千福7-1
入園料 無料
トイレ 有り
駐車場 有り
交通アクセス ・中央公園前バス停留所
富士急シティバス株式会社
※記載情報が古い場合がございます。予めご了承ください。

一口メモ
・上流側すぐ近くには、展望スペースもある「五竜の滝」が流れ落ちています。
・鯉のぼりが泳いでいたのは、裾野市中央公園内です。
・駐車場完備の公園ですが、 営業時間外(閉園時間中)は施錠する為、ご注意下さい。

2019年4月26日(金)~5月20日(月)予定

(参考Webページ)五竜の滝 こいのぼり|裾野市(http://www.city.susono.shizuoka.jp/kanko/2/1/3/3115.html)

静岡県裾野市の位置図
Google map

鯉のぼりが泳いでいたのは、静岡県裾野市に所在する中央公園で、園内に滝が流れ落ちている公園です。

ちなみにその滝は、3本の滝が流れ落ちる「雄滝」と、2本の流れがある「雌滝」をあわせて「五竜の滝」と呼ばれています。

五竜の滝の様子はこちらをご覧下さい。

園内駐車場完備の公園で、駐車場から歩いて近い道のりに「鯉のぼり」がありました。
(そして、園内には「五竜の滝」があります)

それではここから4つ。鯉のぼりの風景をお伝えします。
五竜の滝(裾野市中央公園)にて風がなく泳いでいない鯉のぼり(2015年5月3日)


風を待ち望んでいましたが、しばらくの間、だら~っとしていた鯉のぼりです。
五竜の滝(裾野市中央公園)にて吊り橋付近から望んだ鯉のぼり(2015年5月3日)


そしてついにこの時、少し元気良く泳ぎ始めた鯉のぼりです。
五竜の滝(裾野市中央公園)にて泳ぎ始めた鯉のぼり(2015年5月3日)


日本の文化「鯉のぼり」。
その習慣がスタートしたのは江戸時代まで遡ります。

5月5日の端午(たんご)の節句(せっく)に、男児の成長と健康を願って揚げる「鯉のぼり」。昔は、どこの家庭でも泳いでいたスタンダードな光景でしたが、現在では、住宅事情など時代の変化と共に、あまり見かけなくなった様に感じます。

ちなみに、この端午(たんご)とは、本来、端(はじめ)の午(うま)の日のことで、午と五が似ているため、5が重なる5月5日を端午(たんご)の節句(せっく)と呼ぶようになったといいます。

気軽に立ち寄れる公園であり、市民憩いの場所でもある裾野市中央公園では「鯉のぼり」が、この時期定番の風景として親しまれている存在です。
五竜の滝(裾野市中央公園)にて泳いでいた鯉のぼり(2015年5月3日)


今回は、(園内に五竜の滝がある)裾野市中央公園での鯉のぼり景色のご紹介でした。