白糸自然公園、菜の花畑【富士宮市】


白糸自然公園の菜の花(2016年4月15日)

観光名所
又は、
スポット名
白糸自然公園(しらいとしぜんこうえん ) 菜の花畑
地域 静岡県 東部地方
住所 静岡県富士宮市原523
例年時期 4月15日(2016年)時点で、ほぼ満開でした。
入園料 無料
トイレ 有り
駐車場 有り
交通アクセス (600m以内に)
・白糸自然公園入口バス停留所( 富士急静岡バス

一口メモ
・菜の花が咲いていたこちらの場所では、夏には「ひまわり畑」となっていました。
・開園時間(9:00~16:00)が決められています。

(参考Webページ)白糸自然公園 | 静岡県富士宮市(www.city.fujinomiya.lg.jp/municipal.../llti2b000000233h.html)

静岡県富士宮市の位置図
Google map

今回ご紹介するのは、富士宮市にある「白糸自然公園の菜の花畑」です。

「白糸自然公園」のある場所は、富士宮市観光名所の代表格「白糸の滝」からクルマで数分の道のりです。

もともと旧高等農業学園があった(こちらの)場所が(その後、学園跡地を利用して)現在、公園として整備されています。

訪れたこの日は、 園内の雰囲気が静かで閑散としていました。
クルマが1台も停まっておらず、少し寂しい感じ・・・。

公園入口を入るとすぐに菜の花畑のイエローが目の前に飛び込んで来ました。
(黄色というのは目立つ色ですね)

園内駐車場にてクルマを下り、菜の花畑の方へ向かって行くと、ちょうど富士山が!顔を出していた時でした。

この日の菜の花畑は、ほぼ満開。元気良く花びらを広げていた菜の花景色でした。


ちなみに、菜の花畑となっていた場所は、この辺りです。
白糸自然公園の園内案内図(菜の花畑の位置を示しています)

こちらは、園内入口の風景です。

入口ゲートに近づくと、菜の花畑のイエローが目に飛び込んで来ました。
それにしても黄色は、目立つカラーです。
白糸自然公園の園内入口ゲート付近から眺めた菜の花畑(2016年4月15日)


続いてこちらは、園内駐車場の風景です。

広いスペースですよ。
訪れるたびにだいたい2人、3人と園内を訪れているのですが、この時はクルマが停まっておらず、シーンとしていて静かでした。
白糸自然公園の園内駐車場(2016年4月15日)


ちなみにあちらに見えるのが、園内トイレの風景です。
比較的、キレイに掃除されています。
白糸自然公園の園内トイレ(2016年4月15日)


こちらは、菜の花畑全体の風景をお伝えしています。

園内を訪れるたびに、畑の手入れをされている方々と挨拶交わすことを心掛けているのですが、この日は皆さん休憩中。
その光景がのどかな園内風景と見事マッチングしていたのが印象に残ります。
白糸自然公園の菜の花畑を色々な角度からお伝えしています(2016年4月15日)


この日は、「ブ~ン、ブン、ブーン」と音を鳴らし、たくさんの蜂(ハチ)たちが、ものすごい勢いで飛び回っていました。

ハチにとっても最盛期を迎えていた時でした。
白糸自然公園にて、菜の花につかまって蜜を集めていたハチの姿(2016年4月15日)


ここからは、園内にて花びらを広げていた菜の花畑の風景をご紹介していきます。
白糸自然公園にて、近寄り眺めた菜の花の様子(2016年4月15日)


富士山がちょうど顔を出していたことで、菜の花畑がワンランク上がって格好良く眺められました。
白糸自然公園にて、見頃を迎えていた菜の花のイエローと富士山の競演(2016年4月15日)


周りの環境は、のどかでホント静かです。
白糸自然公園での鮮やかに黄色く色付いていた菜の花畑(2016年4月15日)


こちらは、3月28日に、こちらを訪れた時の菜の花畑風景です。

この時は、黄色が、まばらに色付いている感じでした。
この日の空は曇り気味で、どことなく寂しい雰囲気を醸(かも)し出していた園内風景でした。
白糸自然公園の見頃前の菜の花畑(2016年3月28日)


数は少ないですが、チューリップも元気良く咲いていました。
白糸自然公園で見頃を迎えていたチューリップ(2016年4月15日)


園内の畑がキレイに整備されていて、キレイに掃除が行き届いていたことで、全体的に良い印象を持っています。

園内がキレイなのは、いつも畑の手入れをしている方々のお陰です。
「感謝」。

菜の花畑だけでも良い雰囲気を出しています。が、欲を言えば園内全体的にもっと花々などの彩りがあると、うれしいなぁ。と感じています。