蓮華寺池公園、藤棚【藤枝市】


蓮華寺池公園の藤棚(2016年4月25日)

観光名所
又は、
スポット名
蓮花寺池(れんげじいけ)公園の藤棚(ふじだな)
地域 静岡県 中部地方
住所 静岡県藤枝市若王子474-1
例年時期 4月中旬~5月上旬
入園料 無料
トイレ 有り
駐車場 有料 ( 【お知らせ】 藤まつり 開催中の駐車場ご利用について│れんげじスマイルホール「キッズパーク」
交通アクセス ・蓮華寺池公園入口バス停留所など ( 自主運行バス

一口メモ
・蓮花寺池公園での藤棚の咲き誇り具合は見事な光景です。
・藤枝市は「藤の花」を市の花としています。

蓮華寺池公園 藤まつり
2018年4月21日(土)~2018年5月5日(土・祝)

(参考HP) 藤枝市観光協会(蓮華寺池公園の紹介)http://www.fujieda.gr.jp/contents/NOD250/

静岡県藤枝市の位置図
Google map

静岡県藤枝市にある蓮花寺池公園(れんげじいけこうえん)では、例年4月中旬~5月上旬を迎える頃に、藤の花々が園内を藤色に彩ります。
今回は、その見頃時期の藤棚風景をご紹介しています。

訪れたこの日は、見頃を迎え見事な彩りを見せていた藤の花々でした。

藤枝市は「藤の花」を市の花としています。
そして、(藤が見頃を迎えていく例年4月中旬~5月上旬になると)こちら蓮華寺池公園では、「池周りの遊歩道沿い」や「藤の里広場」など、あちらこちらで藤の花々が咲き誇ります。

「県内の藤名所」の名にふさわしく、この時期は毎年多くの人たちが「藤の花」見物のため、園内を訪れます。
とても人気のある公園で、藤棚スポットとしても親しまれている蓮華寺池公園です。

「も」という表現をしましたが、「藤」のほかにも「梅園」、「」や「」に冬の「イルミネーション」などが、その季節毎に園内を彩っています。

藤まつり期間中(2017は、4月22日(土)~5月5日(金・祝))は、たいへん大勢の来園者が訪れるため、(警備員を配置し、混雑緩和の為)駐車場を利用する場合、駐車整理協力金として、自動車1台/500円(大型車1,000円)が必要になります。

夏に向け、だんだんと気温が上昇して行くこれからの時期に、日当たり好む「藤の花」は、春から夏に向けての定番風物詩です。

この時期は、いつも以上に多くの人たちで賑わう蓮華寺池公園です。


まずこちらは、蓮華寺池公園の案内看板の風景です。

藤の花々は、公園の名称にもなっている蓮華寺池まわりの遊歩道沿いなど、園内あちらこちらで、元気良く花びらを広げていました。
蓮華寺池公園の園内マップ(園内案内図)

それでは早速、藤棚見物へと「藤の里広場」に向かっています。
蓮華寺池公園の藤の里広場への道のり(2016年4月25日)


こちらが「藤の里広場」です。

たくさんのクマバチが「ブ~ン!」「ブン!」と音を立てて勢いよく飛び回っていたのが印象的でした。

と言うのも、「藤の花」と「クマバチ」は、切っても切れない関係で、その蜜を吸う為には、クマバチの力でないと、こじ開けられない構造になっているのだとか。

それにしてもクマバチの存在が気になって仕方ありませんでした。
蓮華寺池公園の藤の里広場にて見頃を迎えていた藤棚の様子(2016年4月25日)


続いては、池周りの遊歩道沿いに続いていた藤棚景色です。

この日の園内は、ベンチに腰掛けて藤を眺めている人たちの姿も多く、あちらでも、こちらでも談笑に花咲かせていた人たちの光景がありました。

そして、藤棚の下を歩きながら、藤色を飽きるくらい眺めて来ました。
蓮華寺池公園の園内遊歩道などで見頃を迎えていた藤の花房(藤棚)(2016年4月25日)


そしてまた、藤の花房が元気良く垂れ下がってる姿をしげしげと眺めていました。
蓮華寺池公園にて、見事に垂れ下がっていた藤の花房(2016年4月25日)


この日は、天気が良くて気持ちの良い一日でした。

藤棚を眺めながら池周囲の遊歩道を歩き進めていたのですが、気が付くと2週目に突入していました。
蓮華寺池公園の園内にて元気よく泳いでいた鯉のぼり(2016年4月25日)


こちらは、園内遊歩道から眺めた鯉のぼりです。
気持ち良さそうに風に吹かれ、勢い良く泳いでいました。
蓮華寺池公園にて、風に吹かれて泳いでいた鯉のぼりの様子(2016年4月25日)


そして、鯉のぼりが元気良く泳ぐその姿を、しばらく眺めていました。
蓮華寺池周囲の遊歩道から眺めた風に吹かれて泳いでいた鯉のぼり(2016年4月25日)


園内遊歩道沿いに続く藤棚景色。その藤色を十分に満喫して帰って来ました。

いつも以上に大勢の人たちで賑わう蓮華寺池公園でした。